スポンサーサイト

2017.07.02 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

初!船上鳥見(シノリガモ編)

2015.03.19 Thursday



船尾の方に1羽のシノリガモが飛んでいました。




少し進むと、ブイの上に番いがいました。
ブイを1つ乗り換えようとして、バランスを崩したみたいです。




ちょっと、よそ見をしていたら、もう泳いでいました。




じょじょに離れて行きます。




突然、飛び出しました。




少し近づき気味に飛んで




やっぱり離れて行きました。



バイバイ・・・・ありがとう・・・・

初!船上鳥見 1−2 シノリガモ編 でした・・・・。
私には、船上鳥見での初認3種目です。







 

初!船上鳥見

2015.03.19 Thursday



NRDAアジアの海鳥調査に、初めて同行させていただき、初めての船上鳥見です。
海子丸に乗船させていただいて、すぐに出港です。
防波堤ではウミウがひなたぼっこ中です。




防波堤を過ぎるとオオハムが水面を力走しました。




ハイタカが船の真上辺りを飛んでいました。




左舷側でキョロキョロしていると、船尾のあたりをクロサギが、ふわ〜っと遠ざかって行き
岩場に舞い降りました。着陸態勢で翼を全開にした姿が優雅でしたが、顔が見えなかったので
この画像にしました。




「ユリカモメがいます!」と教えてもらったのですが、どこにいるのかわからないので
とっさに、皆さんの双眼鏡やカメラの向いてる辺りにカメラを向けて撮れた、初認のユリカモメです。




ウトウは逆光ばかりだと思っていましたが、私としては上出来のウトウです。




もっと、しっかり撮りたかったウミスズメです。




ユリカモメと同じく、今回初認のオオミズナギドリです。




初!船上鳥見 1−1の終了です。

NRDAアジアの先生方、海子丸さん、どうもお世話になりました!ありがとうございました!
そして、私の、鳥見の超先輩方に・・・・ありがとうございました!
待望の鳥見を満喫させていただきました!










 

3月15日の午前中の鳥見

2015.03.18 Wednesday



佐護の塩田に行くと、周回路付近の川には、マガモ、コガモ、カイツブリの他には、常連みたいな
ヒドリガモ、ヨシガモ、オカヨシガモがいました。
それと、ちょっと久しぶりなようなウミウがいました。




そして、私がこのあたりで見るのは多分初めてのセグロカモメがいました。




周回路のメッシュには昨日田の浜でも見たカシラダカが数羽いました。




井口浜では、カンムリカイツブリが2羽目につきました。




そして、ウミアイサが10羽ほどのんびりと過ごしていました。



ここで午前中の鳥見は終了です。西泊へ向いました。




 

田の浜の鳥見

2015.03.17 Tuesday



3月14日、ちょっとだけ田の浜まで行ってみました。
キンクロハジロがいました。




ホシハジロもいました。



海岸近くにはカシラダカが5羽くらいいました。




民家の前の水路付近では、ホオジロハクセキレイが2羽いました。
最初は3羽いると思ったのですが1羽はハクセキレイでした。




帰りの志多留湾にはカンムリカイツブリがいました。
44羽くらいはいました。



この日の早朝には、佐護に1400羽のナベヅル情報があったのですが
飛び立つころには空港まで行っていたのです。
未練がましく、10時過ぎに佐護を覗いて、帰りの田の浜で鳥見でした。











 

10時のミサゴ

2015.03.11 Wednesday



仕事場の斜路を登って左折しようとしていたら
左右確認する前に、川向いの電柱のミサゴが目に入りました。



眼光?鋭くどこを見ているのでしょうか?
川面よりはもっと上を見ているようですが・・・・
もしかすると、私かもしれません?

私はやっぱり、この角度が1番精悍に思えます。




トビでも警戒しているのでしょうか・・・・



そういえば・・・・いつか、ミサゴが捕らえたと思える魚をトビも横から鷲掴みして、双方ともゆずらず
川面すれすれに数十メートルも並行移動して行くのを見たことがあります。
その時はカッコイイ!と思いましたが、今にして思えば・・・・静かに凄まじいバトルでした。